漢方系ダイエットサプリは痩せますか?ポイントは体質です!


漢方薬って本当に痩せられるの?
 

最近テレビCMやドラッグストアでもよく目にする漢方のダイエットサプリ。漢方って体に良さそうだし気になる!でも、漢方ってすっごく昔に中国や韓国で使われていた薬というイメージが強く、効果が薄そうだし本当に痩せられるのか不安・・・なんて思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 

 

しかも、たくさんのメーカーが漢方系のダイエットサプリを販売しているけど、どれも難しい漢字が並んだ商品ばかりだし、正直なところ各商品にどういう違いがあるのか分からないから、どれを選べばいいのかも分からなくて購入する勇気が持てないんですよね。
 

 

そんな方のためにも、今回は漢方系ダイエットサプリの効果や体質についてまとめました。
 

関連記事⇒海外製のダイエットサプリって痩せますか?

 

1.あなたの太ってしまう原因とは?

 

 

まずは太る体質を知ること!
 

そもそも、ダイエットをする必要があるということは少なからず体重の増加や体系が気になっているからであり、要は太ってしまったからですよね。そして、ダイエットを始めようとする人は必ずと言っていい程、たくさんのダイエット方法について調べるはずです。でも、太ってしまった理由や原因を考える人って稀だし、普通はなかなかその発想には至らないもの。
 

 

ただ、漢方を始めるならその原因を突き止めることこそが痩せ効果を実感する為の大きなポイントであり、とっても重要なことだったんです。まずは、あなたの太ってしまう原因を見つけてみましょう♪
 

 

太る原因はあなたの体質

 

 

昔から郷に入っては郷に従えと言うように、漢方のダイエットサプリを始めるなら、太ってしまう原因を漢方医学の視点から見てみることが大切です。
 

 

漢方の世界では、「気・血・水」という3つの要素がバランスよく体の中を巡ることで健康を保っている状態だとされています。そして、肥満は生活習慣病の1つで病症状の1つでもあり、太ってしまうのも「気・血・水」のバランスが崩れているからだと言われているんです。
 

 

「気」とは、気力・気分・元気などの言葉にも使われている体のエネルギーのことで、気功では気をコントロールしたり体に集めることで有名ですよね。これは、生命エネルギーの1つともされていてダイエットに必要な代謝を司っているものでもあるんです。
 

 

「血」とはその名の通り血液のことを示していて、血液は血管を通って栄養や酸素を体中に運ぶことができるので、言わば栄養素の宅配便のような役割をしていますね。
 

 

「水」とは血液以外の水分のことでリンパ液や汗などを示していて、老廃物や毒素を排出したり体に必要な水分量のバランスを正常に保つ役割をしているんです。
 

 

これらは持ちつ持たれつな関係で、体の中を絶妙なバランスで循環している時こそ素晴らしい働きをしてくれます!・・・しかし、どれかが止まってしまったり少なすぎても多すぎてもダメ。実はあなたを太らせてダイエットの邪魔をしているのも、「気・血・水」が原因かもしれません。
 

 

でも、自分の体の中にある気血水の動きを確認する方法なんてないし、自分の体に何が必要なのかわからないですよね。そんな時は、自分が次のどのタイプに当てはまるのか考えてみてください♪
 

 

・気太り=気滞(きたい)タイプ
・血太り=瘀血(おけつ)タイプ
・水太り=水滞(すいたい)タイプ

 

太ってしまう原因には大きく分けて、これらの3タイプに分類することができるんです。
 

 

気太りとは体の中を巡る気がうまく循環できずに止まってしまい、気が滞っている体質の人に多い状態で気滞と呼ばれています。気滞体質の主な原因はストレスで、またの名をストレス太りとも言われるほどメンタル面が大きく影響する太り方。
 

 

しかも、ストレスを受けて気の循環が滞ることで体の代謝は機能しなくなり、まさに太りやすく痩せにくい体質だと言えるでしょう。さらに、このストレスが原因で過食(ドカ食い)に走ってしまう傾向が強いので、痩せられない無限ループに陥ってしまうんです。
 

 

特徴としては、気滞タイプの人はナイーブで繊細な性格の人やストレスを発散することができない人に多く、女性だと生理前や生理中にイライラしたり情緒不安定になりやすい人も気滞に当てはまります。
 

 

血太りとは、体の中を巡る血液がうまく循環できずに止まってしまい全身に必要な栄養素が届かない状態で、このような体質を瘀血と言います。脂肪を燃焼する為に必要な消化酵素や代謝酵素は血液を伝って全身に運ばれ、そこで始めて作動してくれるようになるんです。しかし血液が滞ることで脂肪を分解する体内の仕組みは崩壊してしまい、痩せることが極めて難しい状態になってしまいます。
 

 

その上、女性の場合は滞った血液が骨盤の中でうっ血し、女性ホルモンの分泌を低下させてしまうので太りやすい傾向があり、また血中のコレステロール値も高くなるので生活習慣病の元凶ともされているんですよ。
 

 

特徴としては、瘀血タイプの人は肩凝りや背中の凝りが酷くて片頭痛やめまいなどを起こしやすい人に多く、女性だと経血の色が黒っぽくレバーのような塊が出やすい人も要注意。また、瘀血タイプの人の月経トラブルには子宮筋腫・子宮内膜症などが隠れていることも多いようです。
 

 

水太りとは、体の中を巡る血液以外の水分が上手く循環できずに止まってしまい毒素の排出ができない状態で、このような体質を水滞と言います。胃腸や下半身に水が滞ってしまうとむくみ・冷え性を起こしやすく、冷えを起こすと脂肪の燃焼は始まらないし、むしろ冷えから体を守ろうと脂肪を溜め込もうとする働きが作動してしまうんです。こんな状況では、どんなダイエットをしても痩せにくいし太るばかり・・・。
 

 

しかし水滞体質は日本人の女性に一番多いとされているタイプで、特徴としてはお腹を軽く押すとチャポチャポ音がしたり、舌に白色のコケのようなものが付いている人も多いようです。またこのタイプの人は体重の増減の波が激しく、女性の場合は生理前と生理後の体重の違いにも注目してみてくださいね。
 

 

これらの体質をしっかりと見極めることで、初めて漢方系ダイエットサプリを上手に使うことができるようになるんです!むしろ、これを知らずに間違った作用のサプリメントを飲んでも痩せないどころか体調不良にだって繋がりかねません。
 

 

効率的に痩せたいなら肥満やダイエットと一括りにせず、体質や原因に合わせた漢方系ダイエットサプリを選ぶこともすごく重要なポイントになるでしょう。
 

関連記事⇒ダイエットサプリの選び方とは?あなたの体質を知ろう!
 

2.体質に合う漢方とは?

 

 

漢方はやせ薬ではありません!
 

「病気治療」は西洋医学「病人治療」は漢方医学という言葉があるように、漢方はやせ薬ではなくあくまで太ってしまう原因を解消させて痩せやすく太りにくい体質へと改善させる物。ここではオススメの漢方成分をご紹介するので、あなたに合う漢方系サプリメントを探してみましょう♪
 

 

オススメ漢方系サプリメント

 

 

市販されている漢方の中でも、
 

・加味逍遥散(かみしょうようさん)
・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
・五苓散(ごれいさん)

 

などがオススメです!
 

 

加味逍遥散にはセリ・シャクヤク・ハッカなどを含む10種類の生薬から出来ている漢方です。これは抗ストレス作用があり、イライラや鬱的精神気分を抑えることで気の巡りを良くする効果が期待できます。そのため、気滞タイプの代謝が落ちている人には最適な成分だと言えるでしょう。
 

 

桂枝茯苓丸には桃の種・牡丹の根皮などを含む5種類の生薬から出来ている漢方です。これは血行を良くする作用が強いとされていて、全身の細胞に栄養素をきちんと運ぶ役割が活性化するので消化酵素や代謝酵素が効率的に働けるようになるんです。
 

 

また、皮膚科でのニキビ治療や婦人科での月経困難症・婦人病治療・更年期障害治療にも使用されることが多く、シナモンを使用しているので味も美味しいと言われていて、瘀血体質の人だけでなく幅広い女性の味方ですね。
 

 

五苓散にはオケラの根茎・桂枝などを含む5種類の生薬から出来ている漢方です。これは体に溜まってしまった余計な水分を排出する作用があり、冷えやむくみなどを改善できるので脂肪燃焼を促進しながら体に脂肪を蓄える力を封じ込めます♪
 

 

その上、胃腸の働きを良くして消化をスムーズにすることでリパーゼという酵素が効率的に働くことができるから、中性脂肪・皮下脂肪の気になる方や下半身太りの気になる水滞タイプには必要不可欠な成分。
 

 

あなたのダイエットを邪魔している自分自身の体質に打ち勝つために漢方系サプリメントを選んでみるのもすごく理に適っている方法ですよね♡しかも、太る原因を解消させてあげるのはリバウンド防止にもすごく効果的な方法なので、ぜひ参考にしてみてください!
 

 

3.漢方系サプリメントの注意点とは?

 

 

病院の薬とは違います!
 

漢方系サプリメントはドラッグストアで手軽に購入できるという大きなメリットがありますよね。病院で処方される漢方薬と名前が一緒の物なら、成分や含まれる生薬の内容もほぼ同じだと言えます。しかしドラッグストアなどで購入できる市販の物は、処方薬に比べて成分の強さが弱めて商品化されているんです。
 

 

それ以外にも初めて漢方系サプリメントを飲む人には、いくつか注意してほしいことがあるので学んでみましょう♪
 

関連記事⇒ダイエットサプリには悪質な商品もあるよ!その見極め方とは?
 

漢方系サプリメントの注意点

 

 

漢方系サプリメントでダイエットするなら
 

・最低でも3か月
・食前
・白湯

 

などに気を付けてみてください。
 

 

まず、漢方系サプリメントのダイエットは体質を変えることで体の痩せる機能を強めて、尚且つ太りにくい体に変えるという方法。しかし、そもそも漢方薬は自然の生薬を使用しているため効果が緩やかに出るものなので、1週間やそこらで体の悪い体質を変えるなんてさすがの漢方パワーでも無理があります。
 

 

また、上でも述べたように市販の漢方サプリは誰でも手軽に購入できる分、処方薬より有効成分の量を抑えている商品がほとんど。そのため、漢方系サプリメントの効果を実感する為にも最低3か月は飲み続けてみましょう!
 

 

ですが、反対に言えば西洋医学の化学的に配合された薬(抗生物質や抗菌薬など)より副作用も少ないという利点もあるので、他の薬より安心して服用が続けられるという強みでもありますよね。
 

 

そして、漢方の成分をより効率的・効果的に体に吸収させるために食前や空腹時に飲むというのも大事なポイント。食後では、食事内容によって漢方の成分が壊れてしまう恐れもあるんです。
 

 

飲み方のポイントとしてもう一つ重要なのが、お茶やジュースではできるだけ飲まずにできるだけ白湯で飲むこと!水でも問題ありませんが、人肌の温度の白湯は漢方成分の吸収を良くしてくれるのでとっても効率的。
 

 

ちなみに、漢方系サプリメントには粉状と錠剤・カプセルタイプの2種類が販売されているのをご存知ですか?粉状の物を購入される際には、漢方サプリを白湯に溶かして飲むのも効果的♪こうすることで、生薬の香りを嗅ぎ嗅覚からの効き目も期待できるので、漢方サプリの力を余すことなくゲットできちゃうんです。
 

 

これらに注意することは漢方を上手に体に取り入れる大事なポイント!ぜひ覚えておいてくださいね♡
 

 

漢方系サプリメントの効果と体質まとめ

 

 

原因に応じて漢方を選ぼう!
 

あなたの体質がダイエットの邪魔をしていたり、太らせてしまう原因になっているかも。まずはその原因である自分の体質を知ることが痩せる近道なんですよ。
 

 

漢方の世界では、太ってしまう原因は「気滞・瘀血・水滞」という主に3つの体質が関係していると考えられています。
 

 

気滞は気の巡りが滞り、脂肪や糖質を代謝するエネルギーが使用できずに太ってしまう気太り。瘀血は血液の巡りが滞り、脂肪を燃焼するリパーゼの働きが悪くなって太ってしまう血太り。水滞は水分の巡りが滞り、冷えやむくみから脂肪の分解・燃焼が出来ないうえに体に脂肪を蓄えてしまう水太り。
 

 

そんな時は、加味逍遥散・桂枝茯苓丸・五苓散などの漢方系サプリがおすすめ!これらはそれぞれの欠点を改善させながら気・血・水の循環を良くする効果があるので、痩せやすく太りにくい体質改善に繋がっているんです♪
 

 

ただし、漢方系サプリメントを飲むなら食前や空腹時に白湯で最低でも3か月は飲み続けてください。これは、できるだけ効率的に漢方の成分を体に吸収させ、きちんと効果を実感する為の方法でもあります!
 

 

太ってしまう原因と体質に合わせて漢方系サプリメントを選んで、ぜひ健康的に自然の生薬の力を使ったダイエットに挑戦してみましょう♪


▲ページトップに戻る